ワークスタイル

より多くの人が、より成長し、より長く働ける会社にするために サイボウズが目指すのは「ソーシャルチームワーク」同じ場所で、同じ時間に、同じ価値観で働かないとダメというのはもう古い。くっつきたいときはくっついて、離れたいときは離れる。そして、また近づくときもある。個人が自分の意志で自由に働いて、世界一チームワークのよいチームとなる。サイボウズは、「理想」や「志」でつながるチームを目指しています。サイボウズ株式会社 取締役副社長 山田理

離職率28%→4%を実現した、長く働きやすいしくみ

2005年に離職率が28%と高い水準になった反省から制度の改善を進め、2013年の離職率は4%に。しかも新卒3年離職率は1.6%にまでなりました。また、女性社員の割合が増え4割になったことも取組の効果です。現在も社員同士で話し合いながら制度の改善に取り組んでいます。

ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる1)選択型人事制度

「ライフ重視型」、「ワークライフバランス型」、「ワーク重視型」3つの働き方があります。ライフスタイルの変化に応じて月単位で変更が可能です。

時間・場所の制約をなくした働き方2)ウルトラワーク

自分が集中しやすい図書館やカフェで仕事をしたり、育児の都合に合わせて働いている社員がたくさんいます。働きやすさと生産性向上の両立を目指しています。

最大6年取得可能。男性も。3)育児休暇制度

社長青野も2週間の育児休暇を取得しました。社長自ら育児と仕事を両立する働き方を積極的に支援しています。(写真は社長の青野と長男幸有くんです)

選べる働き方

ライフ重視の時短勤務

仕事と家庭を両立しやすい

出産の際には「育児休暇制度」を取得。復帰後は「選択型人事制度」でライフ重視の時短勤務とし、家庭の事情に応じて「ウルトラワーク」を利用して勤務時間をずらしたり在宅勤務にすることで、家庭と仕事を両立させています。

マーケティングコミュニケーション部
山口ほだか (育児休暇を2回取得後に復帰)

ワーク重視で残業あり

忙しくても負担を減らせる

資料作成の締め切り間際には、残業したり、休日に仕事をすることも。そんな時でもウルトラワークにすれば出社しないで、家で自由な時間に仕事ができるので、生活への影響を減らすことができます。
 

ソリューション営業部
別府さおり

変えられる働き方 −ライフイベントにあわせて

働き方の変更例

入社1年目

ワークライフバランス型

入社したはじめの年は全員ワークライフバランス型になります。

入社2年目

ワーク重視型

そのままにするのか、ワーク重視か、ライフ重視に変更するのかを選択できます。

結婚

ワークライフバランス型

結婚を機に働き方を変えることも可能です。

育児

ライフ重視型

妊娠・出産を機に退職する必要はありません。出産後1〜2年で復帰する女性がほとんどです。

再びバリバリ働く

ワーク重視型

再び、ワーク重視に変更できます。

成長を支援するしくみ

Action5+1

社員の成長を6つの行動指針に沿って促進する制度です。 サイボウズでは個人が成長すると「信頼度」が高まると考えています。信頼は「スキル」と「覚悟」のかけ算であると定義し、Action5と呼ばれる5つの軸とサイボウズの基盤となる価値観である公明正大の6つの軸で評価しています。

ザツダン

上司との定期的な1対1の面談をサイボウズではザツダンと呼んでいます。「Action5+1」の6つの軸に沿って仕事を振り返り、今後の問題解決や行動指針を共有し、個人の成長につなげます。

研修制度

新人研修をはじめ、3年目研修、中堅社員研修、リーダーズ研修など自分のキャリアに沿った研修が各種準備され、社員一人ひとりの成長をしっかり支援する環境が整っています!

育自分休暇制度

転職や留学など自分を成長させるために退職する人が、最長6年間は復帰できる制度です。(35歳以下が対象)

社外からの評価例

  • 2014年「ダイバーシティ経営企業100選」受賞

    経済産業省主催「ダイバーシティ経営企業100選」に選出されました。IT 業界の「7K」を克服し「より多くの人が」「より成長して」「より長く働ける環境」へ転換したこと、特に女性活用の取り組みが評価されたものです。

    公式サイトへ
    ダイバーシティ経営企業100選
  • 2016年「働きがいのある会社」にランクイン

    Great Place to Work(R) Institute Japanが実施した『2016年版日本における「働きがいのある会社」ランキング(従業員100〜999名部門)』においてサイボウズは3位に選出されました。

    公式サイトへ
    Great Place to Work(R) Institute Japan
2008年

「子育てサポート認定事業主マーク」を取得

2008年

(第3回)「にっけい子育て支援大賞」受賞

2011年

「就活AWARD2013」働きやすさ・社員満足度項目において受賞

2015年

「第15回テレワーク推進賞」において優秀賞を受賞

マスメディア掲載実績

ガイアの夜明け(テレビ東京) ワールドビジネスサテライト(テレビ東京) 目指せ!会社の星(NHK) クローズアップ現代(NHK) おはよう日本(HNK) 朝日新聞 日経産業新聞 週刊ダイヤモンド 読売新聞 日本経済新聞 東京新聞 産経新聞 日経コンピュータ 週刊東洋経済 日経産業新聞 AERA NEWS 23(TBS) 報道ステーション(テレビ朝日) DR(デンマーク公共放送局)

※過去4年間実績

ベースにある企業文化

多様で自由な制度を運営できるのは「公明正大」の文化が社内に浸透しているからです。
「公の場で明るみに出ても、正しいと大きな声で言えること」。これはサイボウズで一番重要な行動規範となっています。
詳しくは右のスライドをご覧ください。

制度や企業文化の詳細については、「サイボウズ式」の記事をご覧ください。