cybozuRECRUITMENT

ENTRY

GLOBALグローバル展開

私たちが世界を目指す理由

私たちが掲げる世界一とは、「世界で一番使われること」であり、
日本にとどまらない世界トップレベルのサービスをあらゆる国の人々へ届けることです。

現地メンバーが中心の海外拠点は年々人数が増え、海外パートナーからも信頼を得て、
共感が世界へ着実に広がっていることを実感しています。
そしていま、世界トップレベルのITサービスがひしめくアメリカへ、
全社をあげて積極的なチャレンジを展開中。

世界一への道は険しい。
素晴らしい製品を持つ競合がごまんといる。
サイボウズを知らない人たちが至るところにいる。

だから、楽しいと思うのです。
私たちは、本気で世界を目指す方を募集しています。

日本No.1から世界No.1へ

2007年より上海とベトナムに拠点を、2014年からはアメリカにも進出。
現在6つの拠点で開発と販売を実施しています。2016年にオーストラリアでの販売を開始し、
2017年には台湾拠点も開設。
今後も世界中にサイボウズ製品を届ける活動を広めていきます。

アメリカ

サンフランシスコに拠点を構え、日系企業や現地のローカル企業向けに製品の販売、マーケティング、カスタマイズ等を行っている。ロサンゼルスやニューヨークにも拠点を開設し、着実にkintoneの売上を伸ばしている。

kintone Corporationのサイトはこちら

導入事例

中国

上海、深センに拠点を構え、製品の開発や、現地のパートナーとともに日系企業/ローカル企業向けの販売を行う。日系企業での導入事例多数。
 

サイボウズ中国のサイトはこちら

導入事例

東南アジア

ベトナムのホーチミンに開発拠点を構える他、シンガポール、フィリピン、インドネシア、タイ、ミャンマー、インドなど東南アジア各国で現地のパートナーと共に日系企業/ローカル企業向けの販売を行う。

サイボウズベトナムのサイトはこちら

導入事例

オーストラリア

2016年にシドニーで現地企業と提携し新会社を設立。
kintoneの販売パートナー企業としてローカル企業への販売網を広めるため、現地で様々な団体へのアプローチやコンサルティングを強化している。

kintone Australiaのサイトはこちら

海外でも通用するサービスを

2014年にアメリカに進出してから、サイボウズの製品「kintone」がアメリカのITアドバイザリ企業ガートナー社より発行されたhpaPaaS (application platform as a service) に関する調査レポート「Magic Quadrant for Enterprise High-Productivity Application Platform as a Service」において、グローバル市場の主要な20ベンダーの一つに挙げられました。この評価を受け、今後さらに世界中のユーザーに支持されるサービスとなるべく積極的にグローバル展開を推し進めていきたいと考えています。

※マジック・クアドラントの詳細はこちら(Gartner, Research Methodologies, Magic Quadrant)

Gartner, Magic Quadrant for Enterprise High-Productivity Application Platform as a Service, Paul Vincent et al, 26 April 2018
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

海外拠点の様子

海外に関するQ&A

日本で採用されて海外で勤務している社員は何人いますか?
日本で採用された後、アメリカで2名、中国で1名、台湾で1名のメンバーが現地で働いています。現地で駐在の他、短期(3日~3ヶ月程度)で海外拠点に出張に行くメンバーが多いです。
海外のオフィスにいるのは何人ですか?
現在、アメリカのサンフランシスコのオフィスに36名、中国の上海オフィスに80名、台湾オフィスに4名、ベトナムのホーチミンのオフィスに65名の社員が働いています。積極的に現地での採用も行っており、海外拠点のメンバーも増え続けています。
海外との交流はどのくらいありますか?
製品の開発を日本、中国、ベトナムの3か国で一緒に行っているため、日本のメンバーが出張に行ったり、海外のメンバーが出張に来ることが年に数回あります。また、アメリカでの市場開拓に向けて日米の多くのメンバーがコミュニケーションをとる機会が多く、出張の他に昨年からは海外研修も実施しています。
日本オフィスで、日本国籍以外の人材も採用していますか?
はい、積極的に採用しています。
日本以外にも中国や韓国、アメリカ、カナダ、ベトナムなど多様な国籍を持つ社員が入社しています。また、職種においても営業やマーケティング、システムコンサルタント、エンジニア、法務など幅広い分野で活躍しています。
社内公用語はありますか?
日本のオフィスでは、基本的に日本語でコミュニケーションをとることが多いです。必要に応じて英語や中国語、ベトナム語など多様な言語を用いてやりとりを行います。
海外拠点では、主に現地の言葉を用いてコミュニケーションをとっています。

*2018年9月末時点