社長インタビュー

世界最高峰の企業とグローバル市場で
勝負している数少ない日本企業、
自社プロダクトで世界一に挑戦する面白さ

サイボウズ株式会社代表取締役社長
青野 慶久

プロフィール:
1971年生まれ。愛媛県今治市出身。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現 パナソニック)を経て、1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立。2005年4月代表取締役社長に就任(現任)。
社内のワークスタイル変革を推進し離職率を6分の1に低減するとともに、3児の父として3度の育児休暇を取得。また2011年から事業のクラウド化を進め、有料契約社は17,000社を超える。
総務省、厚労省、経産省、内閣府、内閣官房の働き方変革プロジェクトの外部アドバイザーやCSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長を務める。
著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)がある。

今サイボウズで働くおもしろさは、世界最高峰の企業と競争できる面白さ、新しい働き方へのチャレンジをビジネスに循環できるところ

中江:人事部の中江です。サイボウズは「チームワークあふれる社会を創る」というビジョンを掲げ、チームワークを広める活動をしていますが、青野さんから見て、サイボウズという会社自体のチームワークはどう感じますか?

青野:点数をつけるとしたら100点満点で5点(笑)。

中江:えっ、うちで5点(笑)!? 厳しい!

青野:世の中には0点とか1点の会社もありますけどね(笑)。そこよりはいいけど、うちもまだまだこれからじゃないかと思います。じゃあ100点ってどんな状態? と聞かれそうですが、現時点では見えてないです。ただ、近づいてくると、見えてくるものだと思います。

中江:いいチームワークを発揮する会社を目指す際、トップダウン型ではなく、「多様性のある自立型の組織」にしたかった、と青野さんは各所で語っています。ここでいう「自立」って、どういう意味なんでしょうか?

青野:自立という言葉はけっこう難しいですね。本の中(『チームのことだけ、考えた。』)では、「自分で選択して責任をとること」という言い方をしています。そもそも人間が100%自立するのは不可能なんです。経済的に自立しているといっても、支えてくれるお客さまが必ずいるわけですから。極端な話、自給自足で暮らしている人だって、実際は太陽や雨など自然の恵みのおかげで生きているわけですしね(笑)。

私が考える自立とは、「自分の人生に自分で責任を持とうとする主体性」です。人のせいにするのではなく、自分で選び、責任を取ること。メンバー全員が、自分の意思で選んで行動する――そんな主体性のある組織だと楽しいだろうし、私も楽ができそうです(笑)。

中江:あれこれ口うるさく言わなくていい、と(笑)。そうやって成長し続けているサイボウズに、今このタイミングで入社して働く面白さって、どんなところだと思いますか?

青野:1つは、世界を変える可能性をもったソフトウェアサービスをつくっているところ。マイクロソフトやGoogle、IBM、セールスフォース・ドットコムなど、世界を代表するソフトウェア企業を相手に、グローバル市場で勝負している日本企業は極めて少数です。kintoneはアメリカのIT分野の調査・助言を行う代表的な企業のガートナー社のレポート「Magic Quadrant」に、主要なエンタプライズ・ベンダーの一つとして、日本企業の中で唯一掲載され、その実績も徐々に評価されつつあります。世界最高峰の企業と競争する面白さがありますよね。それにソフトウェアは国境を超えて急速に普及していくスピード感にも面白さがあります。
それから、私たち自身が新しい働き方にチャレンジし続けているところも面白いです。私たちが社内で挑戦したことが、企業経営ノウハウとして顧客やパートナーに提供できる。サイボウズには価値が“循環”する強みがあります。だからこそ、サイボウズは新しいチームワークのリーディングカンパニーとして常に新しいチャレンジを続けなければならない。人事も頑張らないと(笑)。

中江:はい(笑)。現在注力しているソフトウェアサービスに、業務アプリケーション開発プラットフォームの「kintone」があります。この製品はグローバル戦略に力を入れていますよね。

青野:はい。私たちのビジョンは「チームワークあふれる社会を創る」こと。つまり、日本にとどまっていてはいけない。世界トップレベルのソフトウェアを開発したいし、それを世界中に広げたいのです。とはいえ、サイボウズはまだまだ小さい企業。社内外を含めて仲間を増やすことが極めて大事な戦略です。私たちのビジョンに共感してくれる人たちは、顧客やパートナーの中にもたくさんいらっしゃいます。彼らと一緒にチームワークできれば、世界一が見えてくると思います。

目指すはインド独立の父 ガンディ―、高い志とビジョンで邁進すれば、共感者が世界中に現れて世界を変えていける

中江:はるか昔、全社集会で「株価を上げるぞっ!」と言っていたという青野さんからすると、信じられない発言ですよね(笑)。

青野:真逆ですね(笑)。株式とは、株主総会で票を投じる権利、そして配当を受ける権利、ただそれだけです。社長就任当時は、その権利の価格、つまり株価を上げないといけないと思い込んでいました。しかし、株価が上がっても下がっても、私たちの日々の活動とは特に関係がないと気づきました。株価を上げて資金を集めたとしても、私は企業の買収は苦手ですし…。

中江:苦手(笑)。
「世界で一番使われるグループウェアになる」という目標を、いつまでに達成したいという期限は青野さんの中であるんでしょうか?

青野:実は決めてないんですよ(笑)。期限を具体的に決めてしまうと、その数字から逆算して行動するため、小さくまとまったり柔軟な発想を妨げたりすることを懸念しています。ただ、私個人としては、「私が死ぬまでには世界一にさせて!」と思っています。死んでしまったら、せっかく世界一になっても喜びようがないので(笑)。サイボウズが掲げる世界一とは、「世界で一番使われていること」であり、「世界一の売上や利益」とは違います。例えば、売上が1兆円になったとしても、日本の国家予算と比べると何百分の一ですよ。グローバル規模で見ると、さらにどうでもいい数字です。LinuxやWikipediaのように、売上がなくてもグローバルな社会インフラになった事例もあります。話は変わりますが、マハトマ・ガンディーさんはすごいですよね。

中江:インド独立の父。

青野:ガンディーさんは富を持たないのに、人口が十億人もいる国を戦争もせずに独立に導きました。お金はなくとも、そこに高い志があったからです。私たちも同じだと思います。サイボウズの社員の数は600人しかいなくても、高い志をもってビジョンに邁進していれば、共感する人が世界中に現れて、協力者は6000万人くらいになるかもしれない。そうなれば世界を変えられるでしょう。

中江:今サイボウズはグローバル体制を整えている最中ですよね。ここ数年でもサンフランシスコ、深セン、シドニーと世界各地に拠点を増やしています。2000年にアメリカに進出したときは、5年で撤退することになりました。そのときと今は何が違うんでしょうか?

青野:当時は日本で売れた製品をそのままアメリカに持っていったんです。だから現地の文化に合いませんでした。また、アメリカは日本より競争が激しいし、ビジネスモデルも脆弱でした。今回は、そのときに学んだ教訓を生かし、新しい戦略で挑んでいきます。成功確率ははるかに上がっていると思います。

グローバルで働きたい人にスキルは不要、多様性を受け入れる柔軟性と「この国にも必ずチームワークを普及させる」という強い思いが重要

中江:グローバル体制が本格化していく中、どんな方に入社してほしいですか?

青野:私たちが掲げる「チームワークあふれる社会を創る」ことに共感している方。これは大前提ですね。そして、サイボウズ自身のチームワークのために、公明正大で嘘をつかないことも大事です。

中江:スキルや素質はどうですか?

青野:そこは人それぞれでいいと思います。私も「青野さん、あなたはどんなスキルがありますか?」と聞かれると答えられません。英語なんて30年勉強しても未だに身につかないし(笑)。

中江:個性ありき、ということでしょうか。

青野:そうですね。みんな、持って生まれたもの、培ってきたものは違いますから。組織として目指すビジョンに共感していれば、あとはそれぞれの個性を活かすだけ。人それぞれの働き方ができればよいと考えています。

中江:とくに海外拠点で働きたいと考える方で、言語以外に必要な素養はありますか?

青野:海外となると、ビジョンへの強い共感と共に、多様性を受け入れる柔軟性が重要だと思います。明らかに違うところへ行くわけですから、日本での成功体験をそのまま現地へ持っていっても、うまくいくわけがありません。文化や商慣習、社会のステージも、国や地域によって全然違います。これらを受け入れ、柔軟に思考する力が求められます。また、なかなか成果が出ずに心が折れそうになることもあるでしょう。だからこそ、「この国にも必ずチームワークを普及させる」との強い思いが必要です。

中江:学生にとって最初にどんな会社に就職するかは大事なことだと思います。大企業とサイボウズ、どちらに就職するのがいいか迷う人もいるかと思うんですが、一般的な大企業とサイボウズとの差は何だと思いますか?

青野:いろいろあると思いますが、スピード感はまったく違うでしょうね。サイボウズはこの10年ほどで、働き方も製品もビジネスモデルも大きく進化しました。世界一を目指し、積極的に新しいことにチャレンジする風土があります。

例えば、サイボウズのオウンドメディア「サイボウズ式」なんて、私がオウンドメディアとは一体何なのかわかっていないときに、メンバーから提案されて、「へぇ〜。面白そうだからいいんじゃない?」と承認して始めたわけですから(笑)。

中江:ゆるやか(笑)。でも、初めてのことに挑戦しやすい風土って、いいものだなと感じています。言い換えると、「失敗に寛容」ということなんでしょうか?

青野:「失敗に寛容」というよりも「学びに貪欲」なんでしょうね。新しいことに挑戦すれば、新しい学びを得られるのだからどんどんやってみようよ、と。失敗しても何かを学べたらOK。挑戦が好きな方をお待ちしています。

チームワークのリーディングカンパニーとして、常にチャレンジしつづけ、チームワークを世界中に広げていく

中江:最後に、サイボウズ最大のキーワード「チームワーク」について伺いたいと思います。なぜ、ここまで「チームワーク」にこだわるのでしょうか?

青野:チームワークがうまくいくと、成果が上がるのはもちろんのこと、参加したメンバーが幸せになれると思うんですよ。チームスポーツで優勝したアスリートって泣くでしょう? 個人種目だとあそこまで泣かない。

中江:確かに。勝っても負けてもチームスポーツは泣きますね。

青野:チームの一員として貢献できたとか、メンバーへの感謝の気持ちとか、そういった感情が喜びの涙に変わるのだと思います。つまり、いいチームワークには人を幸せにする力があるということです。もっと高い視点で考えると、世界中のチームワーク力を高めれば、世界中が幸せになれます。気づいていない人は多そうだけど。

中江:どうして気づいてないんでしょう? 「チームワークがいい=素晴らしいこと」とは理解しているはずですが。

青野:チームワークの歴史って、実は長くないんですよ。家族も一つのチームですが、私の祖父の世代になると、結婚相手すら選んでいません。人類が自由にチームを編成し、チームワークについて考えるようになったのはごく最近のことです。また、インターネットによって、時間や空間を超えたチームワークも可能になりました。人類はこれからもっとチームワークについて学んでいかなければなりません。サイボウズはその最先端企業として、新しいチームワークにチャレンジし、そのノウハウを学び、ソフトウェアサービスとともに優れたチームワークのやり方を世界中に広げていきましょう。

中江:はい! 私も理解が深まりました。今日はありがとうございました!

青野 慶久 (著)
チームのことだけ、考えた。
Amazonの書籍ページヘ

日本の人事部 HRアワード 2016で、書籍部門の優秀賞を獲得。

HRアワード 2016