プロダクトマネージャーが作成した新製品のコンセプトを、技術的に開発可能かどうか調査し、実際に製品を開発するのが製品開発者であるエンジニアの仕事です。

主な仕事は内部設計と実装ですが、プロダクトマネージャー、UX/UIデザイナー、テクニカルライターと協力しながら、製品仕様や画面設計の検討にも加わります。また、ただ機能を作るだけでなく、セキュリティやパフォーマンスにも細心の注意を払い、お客様に安心して使っていただける製品となるよう心がけています。

開発拠点は国内(東京・松山)だけではなく、上海とベトナムにもあり、国内と海外のエンジニアが連携してひとつのプロダクトを開発することもあります。