cybozuRECRUITMENT

ENTRY

MEMBERS

川畑 裕也

2017年 新卒入社

Webアプリケーションエンジニア

率直に意見を交わせるチームで、魅力的なプロダクトをつくる

PROFILE

川畑 裕也

千葉県出身。筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻修了。
大学院修士課程を修了し、2017年に新卒でサイボウズに入社。入社後は開発本部でGaroonのプログラマーとして新機能開発に従事している。開発のほかにも、インターンシップの受け入れや新人研修、ベトナムメンバーの技術支援などの採用・育成にも携わる。

夢中になれる自分がイメージできた

大学院生時代、逆求人形式の就活イベントに参加し、そこでサイボウズと初めて出会いました。その際、対応してくれた社員の印象がとても良く、後日選考を進み内定をいただきました。私はもともとゲームが大好きで、ゲーム会社への就職も考えていたのですが、将来を考えたときに、ゲームをつくり続けている自分が想像できませんでした。アイデアをすぐ形にするサービスよりも、長期的な運用が求められるグループウェアのような製品の方が、コミットし続けられるイメージができたんです。製品のライフサイクルが早いゲームに対して、グループウェアは長期間使われることが多く、需要は間違いなく途切れないと、サイボウズ OfficeやGaroonを見て感じていました。

でもなにより、サイボウズの社員に一番惹かれました。エンジニアとしてのキャリアを歩むうえでは、待遇よりも、「夢中になれる環境があるか?ともに働きたいと思える人がいるか?」を基準にして選びたいと思っています。それはこの先転職するとしても変わらないと思います。就職活動中にサイボウズの社員と話して、自分自身が楽しく働けるイメージが持てたのは大きなポイントでした。

実装だけではない幅広い経験を積むことができる

私が現在メインで担当しているのは、Garoonという製品の新機能開発です。そのほかにも、開発前の設計・企画の部分や製品試験の自動化など、幅広い業務に関わっています。学生時代は、タッチパネル端末への操作手法を研究しており、フロントエンド側の開発をメインとしていましたが、サイボウズに入社してからはこれまで未経験だったバックエンド寄りの開発に携わっています。エンジニアとして生きていくためには、幅広いスキルを身につけていくことが必要だと考えているので、今の環境はまさに私にとってぴったりだなと思いますね。

Garoonはリリースされてから15年以上が経ち、お客様によっては数万人規模でご利用いただくこともあるため、堅牢で安全であることが求められています。安定稼働をさせる中で新機能を開発していくことに対してプレッシャーもありますが、スケジューラーやメッセージ機能など、お客様の日々の業務の要ともいえるサービスをつくっていることはやりがいに感じます。

発言の安全性がある、フラットな組織で開発する醍醐味

サイボウズで働いていて一番面白いと思うのは、発言の安全性があるところですね。入社前はいわゆるヒエラルキー型組織で、若手が意見を言いにくいのではないかと思っていました。しかし実際に入社してみると、新卒1年目の若手が入社10年目のベテランに発言ができるような環境で、立場を超えてコミュニケーションを取れるので快適に仕事を進められています。間違っていたら指摘してくれますし、発言したことで険悪になることはなく、これを言ってはまずいかな?と忖度する必要はありません。自由な発言が尊重されている文化は、とてもありがたいなと思いますね。

Garoonという製品はまだまだ伸びしろもありますが、チーム内で積極的な議論を重ねることで今後もよりよい製品に育てていけると思っています。

サイボウズだからこそ経験できる、国や部署を越えた取り組み

サイボウズに入社してから、技術的なスキルを身につけるだけではなく、海外メンバーとのコミュニケーションも経験できました。Garoonは日本、ベトナム、上海の3拠点で開発を行っています。時にはベトナムオフィスに1週間滞在し、実装に関する質問に答えたり、技術的なことを教えたりすることもありました。お互いに母国語でない英語を使ってコミュニケーションを行うため、言葉をすべて理解してくれるわけでもなく、かなり難しいところもありましたが、言語の壁を超えて開発を終えたときの達成感は忘れられません。普段は離れて開発していますが、TV会議システムも充実しているので今後も近い距離感で開発ができたらと思っています。

さらに、最近は採用業務にも関わらせていただき、エンジニアインターンシップのメンターを担当したり、就活イベントに参加したりしています。自分が就活していたときに重視していた社員の雰囲気を、今度は就活生に対して知ってもらう側の立場になったので、どのような伝え方をすればサイボウズに入りたいなと思ってもらえるかを、日々考えていきたいです。

私のオフタイム

趣味のカードゲームの大会に出場したり、美術館巡りによく行きます。

*インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。