cybozuRECRUITMENT

ENTRY

MEMBERS

小網 裕太

2012年 新卒入社

パートナ―営業

リーダーとして、自身の成長をメンバーの成長につなげる

PROFILE

小網 裕太

愛媛県出身。愛媛大学教育学部スポーツ健康科学課程卒業。
入社後は営業部に配属され、Garoonのソリューション営業を担当。
その後パートナー営業部に異動し、大阪に転勤となり地域営業に従事。東京本社に戻ってからは、パートナーである複合機メーカーの主幹担当として、全国各地で施策を企画実行しながら6人のメンバーとともに活動中。

自分の可能性を広げていける場所

学生時代、私は教員になろうとしていたので、実は民間企業への就職をまったく考えていなかったんです。しかし、教員採用試験で落ちてしまい、教員になる夢は叶いませんでした。ちょうどその頃、サイボウズで働いている大学の先輩に声をかけていただき、選考を受けてみました。当時の私はITにも明るくなく、正直面接するまでサイボウズのことをあまり知らなかったのですが(笑)。

その後、会社について知っていくと、本当に変わった会社だなと感じました。特に入社式に、副社長の山田が「いつでもサイボウズを辞められる人間になれ」と言っていたのが、強く印象に残っています。サイボウズは、社員の自立を促していると入社前から聞いていたのですが、一貫しているその姿勢に好感が持てました。

実は、教員を諦めた理由のひとつが、やりたいことが自由にできないこと。教員の道を知れば知るほど、そう感じてしまいました。私は自分の可能性を広げたいという想いが強いので、サイボウズなら自分が望む方向に成長していけると感じ、最終的に入社を決めましたね。

パートナー企業を知ることが初めの一歩

パートナー営業として、パートナー企業にサイボウズ製品を売っていただけるよう、施策や販売方法を考えています。私が担当するのは全国に販売経路を持つパートナー企業です。例えば、ある地方を担当している社内のメンバーと一緒に、その地域ならではの施策を考えたりもします。私たちのチームは、パートナー企業の担当者にサイボウズ製品を売りたいと自ら思ってもらうことが必要です。彼らが何を求めているのかを掴み、そのニーズに合わせた施策を考えていくために、パートナー企業を知ることは重要だなと思います。

そう思えたのは、入社当時の部長に「相手の幸せを一番に考えろ」と教えを受け、それを一番意識しているからです。その上で、どうすればパートナー企業の担当者や営業の方に喜んでもらえるのか?を考え、実行に移しています。すると、担当者の方に「私たち以上に私たちの会社のことを理解していますね!」と言っていただいたことがあり、非常に嬉しく感じています。

質の良い製品が売れていくことは当たり前で、そこに営業としてどんな付加価値を生み出せるのかが常に問われています。そのためにはパートナー企業との関係性を構築することは不可欠。非常にチャレンジングな仕事ですが、やりがいも大きいです。

任せられることによる自身の成長

サイボウズでは若いうちから一人前として動いていくことが求められ、業務を任せてもらえるのがいいなと思っています。入社3年目に大阪で営業をやっていた際、大きなパートナー企業の担当を任されました。関西を拠点としながらも西日本全域をカバーする必要があり、かつ頼る先輩も不在なことが多く、初めは不安だったのを覚えています。しかし、いい意味で自由にできる環境はあったので、自分で判断するという経験を積めました。もともと、言われたことだけをこなすのが苦手な性分でして(笑)。自分で考えて自分で仕事をつくっていけるという点では、サイボウズはぴったりな環境だと感じます。

また、現在私は数千名規模のパートナー企業のキーパーソンである役職者と話すことが多く、これは他社では年次がもっと上の方が担当するような仕事です。こうした環境に身を置いて自分自身の成長に繋げることができるのは、他にはないサイボウズの魅力なのかなと思います。

マネジメントの失敗から学び、信頼されるリーダーへ

現在はチームリーダーの役割も担っています。リーダーとして、メンバーそれぞれに適したコミュニケーションの仕方があることを理解しなくてはいけません。この考えにたどりついたのは、以前の経験がきっかけです。

当時自分がうまくいった仕事の進め方を、リーダーになった際にもチームメンバーに押し付けてしまい、チームの空気を悪くさせてしまいました。そこで、いろいろな人にマネジメントの悩みを相談した結果、他人を変えることはできないから自分が変わるしかない、ということに気づいたんです。その経験から、メンバーと話す際は日々のコミュニケーションの中で考え方や性格を掴んで、一人ひとりが力を発揮できる環境を整えることが、私の大切な役割なのだと知りました。これは私だけの力ではなく、メンバーや部長の支えもあってできていることなので、大変感謝しています。

今後はプレーヤー、リーダーそれぞれの役割でより成長していきたいと考えています。プレーヤーとしては、経営者目線での課題解決ができる営業になりたいです。お客さま自身も気づけていない潜在的なニーズを的確に把握し、もっと多くの課題を解決できるようになりたいですし、またそのニーズをもとにパートナーに良い施策を提案できるようになれると思っています。リーダーとしてはメンバーとの信頼関係をもっと強固にしたいです。メンバーを信頼して業務を任せ、自分自身が周りから信頼されるような人になることでメンバーがチャレンジしやすい環境を作っていきたいですね。

私のオフタイム

オフの日は、冬はスノーボードに同僚と一緒に。夏は、BBQやゴルフ等、基本的にはアウトドアなことが多いです。また遊ぶときはカメラを常に携帯しています。

*インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。