cybozuRECRUITMENT

ENTRY

MEMBERS

小林 徹

2017年 キャリア入社

フロントエンドエンジニア

大規模プロダクトの課題と向き合い、フロントエンドを究める

PROFILE

小林 徹

京都府出身。佛教大学教育学部卒業。
卒業後はタワーレコードで店舗スタッフとして勤務。プログラマーになることを決心し、プログラミングを学び受託開発を行う会社に入社。その後、さらにコードを書ける環境を求めて、自社サービスを行う会社に転職。
サーバーサイドとフロントエンドの両方に携わる中で、フロントエンドの専門性を追求したいと思い、サイボウズに転職しフロントエンドエキスパートチームに所属している。社外ではOSS活動を積極的に行なっている。

プラットフォームとしてのフロントエンドを開発する面白さ

前職も自社サービスを開発する会社でした。エンジニアとしてキャリアを重ね、徐々にフロントエンドにフォーカスしていく中で、Webってやっぱり面白いなと思うようになっていきました。そこで、次のキャリアでは、Webに深く関われる会社に入りたいと思ったんです。

最近はモバイルアプリが中心の会社も多いのですが、サイボウズはBtoBの中でも大規模で、PCなどWeb領域に関わる機会も多い。さらにkintoneにはプラグインの機能もあって、プラットフォームとしてのフロントエンドを開発していく面白さがあると感じました。プロダクトの開発だけに縛られず、フロントエンドを行き来して技術の探求ができる環境なんですよね。アメリカなど海外での展開にも積極的にチャレンジしていたり、エンジニア一人ひとりのスキルも高かったり……と、いろいろと惹かれる要素があってサイボウズへの転職を決めました。

フロントエンドの専門チームとして

私が入社してから、フロントエンドエンジニアチームを立ち上げました。このチームは、プロダクトを横断してフロントエンド分野に関する問題の解決を行う役割です。そのために、プロダクトチームと一緒にモブプログラミングをしたり、使っているOSSに対してPull Requestを送るなど、さまざまな手段で問題を解決します。そうやって独自に作成したものは、積極的にOSSとして公開しています。

プロダクトチームは、あくまでもプロダクトの開発が中心になってしまうものです。フロントエンドの課題は時間をかけないと解決できないことも多いのですが、エンジニアが一人でそれを探求するのは難しい。結果、先延ばしになって、技術的負債になってしまうことも考えられます。だから、導入したほうがいいと思うものはどんどん提案するようにしていますね。

サイボウズが展開するkintoneやGaroonは、プロダクトしては規模の大きな部類に入ります。さらに、長年運用を続けているため、技術的負債も溜まってきている。それを今後どうしていくのか……そんな課題を考えるのは面白いですね。また、フロントエンドはユーザーが直接触れる部分で、移り変わりが早い分野。加えて、ブラウザにはどんどん新しい機能が追加され、WebのUIも5年前とは随分変わっています。変わり続ける分野だからこそ、変化を受け入れて、柔軟に変えられる構造にしていくことが重要です。やるべきことがたくさんあるので、その分だけやりがいも多いと考えています。

思っていることははっきり言うエンジニアばかり

入社してみて印象的だったのは、想像以上に社内での議論が多いということ。入社前に関わっていたサイボウズのエンジニアはおとなしい人が多いイメージでしたが、社内ではことあるごとに議論をするんですよ。おかしいと思うことがあれば、自ら発言するんですよね。性格は穏やかだけど、思っていることははっきり言う。そんな人ばかりです。ここは外に知られていないかもしれないので、もっと発信していきたいですね。

こんな環境で仕事が出来るのは、フリーランスでは得られない良さかもしれません。私自身はコードだけをひたすら書いていくよりも、いろいろな人とプロダクトを作り上げるのが好きです。そうした意味では、今の環境やスタイルが合っているな、と感じています。

ここまで自由にやらせてくれる会社は他にない

周りを見渡すと、サイボウズには面白いキャリアの人が本当に多いと思います。エンジニアの中にも、複業で他社の技術顧問をしている人や、他社の研究員をしながら関わっている人など、さまざまな活躍の形があります。私自身は社外のカンファレンスに登壇する機会が多く、自分が好きで突き詰めてやっていることを外で話したりもしています。最近では新しい挑戦として、他社の技術顧問としての活動も始めました。ここまで自由にやらせてくれる会社は他にないんじゃないでしょうか?

当面はいろいろな形でサイボウズに関わっていたいという気持ちが強いですね。まだまだやれる余地があると思っていますし、フロントエンドチームとしての力を高めていきたいので、フロントエンドを専門とする人をこれからもどんどん増やして、貪欲に動いていきたいです。

私のオフタイム

休日は、子どもたちと公園に行ったり映画を観にいったりしています。
公園で遊んで日帰り温泉で疲れをとってご飯食べて帰るのが好きです。

*インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。