cybozuRECRUITMENT

ENTRY

MEMBERS

篠原 愛美

2016年 キャリア入社

UX/UIデザイナー

デザインは国境を越える

PROFILE

篠原 愛美

茨城県出身。多摩美術大学情報デザイン学科デザインコース卒業。
新卒で入社した都内のWeb制作会社にてWebデザイナーとして勤務し、多種多様なクライアントからの要望に応えるデザインを手がける。前職でのサイボウズ製品の利用がきっかけで企業理念「チームワークあふれる社会を創る」に共感し、2016年にサイボウズへ入社。

デザインの力で、世の中を良くしたい

前職は、web制作会社で受託業務がメインの仕事でした。受託業務は色んなお仕事に携わることが出来ましたが、お客さま都合でサイトがクローズすることも多く、長く継続して使ってもらえるもののデザインに携わりたいという気持ちが徐々に芽生えてきました。それがきっかけで自社製品を持つ企業への転職活動をはじめました。

前職で、サイボウズ製品を使っていたので、会社のことを調べてみると、「チームワークあふれる社会を創る」という理念が目に入り、とても共感しました。私も「デザインの力で、世の中を良くしたい!」という強い想いがあり、私のデザインの力がサイボウズの理念に貢献できるのではないかと考え、入社を志望しました。

転職前はオウンドメディア「サイボウズ式」でも情報収集をしていました。記事の中では理念や内部の働き方のことなど包み隠さず話されており、まさにサイボウズの公明正大さを感じました。サイボウズのことを知れば知るほど「サイボウズで働きたい!」という思いが強くなっていきましたね。まさに、サイボウズのブランド戦略にはまったという感じです(笑)。

リサーチとデザインの架け橋となるデザイナーになりたい

今の仕事は、リサーチャーと協力してkintoneの製品改善に向けたリサーチとプロトタイプ製作を行なっています。「なぜつくるのか?」という根拠を調べるのがリサーチャーです。彼らと一緒にプランニング段階から関わることでリサーチとデザインを繋いで、デザイナーとしての業務の幅を広げています。具体的には社員を対象にワークショップを実施し、ユーザーが日頃抱えている問題を洗い出して可視化し、改善点を見つけ、プロトタイプを製作する活動を担当しています。

というのもサイボウズではドックフーディングと言って、社員全員が自社製品を日常的に利用していて、一人ひとりがユーザーでもあります。だからこそ、社員が抱えている問題に着目することで製品改善の糸口を見つけることにつながるんです。ワークショップを実施した後は、社外のユーザーを対象にリサーチを行い、社内と社外で抱えている問題にどのような差があるかを見て、本当に解決すべき問題は何かを探っていきます。

チームで助け合える文化

デザインチームでは、「分報」というものをやっています。日々の報告をする日報とは別に、業務に関わることを気が向いたタイミングでTwitterのように呟くものです。困っていることや気になることを呟くと、誰かが反応して意見や情報を書き込んでくれます。デザインチームだけでなく違うチームのメンバーからもコメントがあり、部署を超えたコミュニケーションが自然と出来てしまうところに、チームワークを感じますね。

最近、figmaというプロトタイプツールを導入したのですが、初めて触るツールだったので使い方がわからない部分があったんです。そこで「これってどうやるの?」と分報で呟いたら同僚からすぐに返信があり、やり方を教えてくれました。

実はデザインチームといっても、製品担当で分かれて仕事をするため、常に全員で仕事をしているわけではありません。しかし、オンラインで日常的に会話をしているので隔たりがなく、悩みや情報を常に共有できています。ちなみに、お昼はいつも一緒に食べていて、リアルな場での交流も盛んですよ。

仕事を通じて広がった自分の可能性

現在、US拠点のメンバーとも仕事をしています。USの顧客に響くkintoneのバリューは何か?を特定するユーザーテストのプランニングと、テスト結果をもとにしたサンプルコンテンツ制作なども担当しました。実は提案したサンプルコンテンツのアイデアが採用されて、現在はローンチに向けて制作が進んでいます。

この経験をしたことで、今はもっと世界中の人と仕事してみたいと感じています。元々は英語が苦手で抵抗があったのですが、やってみると「意外と伝わるんだ!」と感じたのが大きかったのかもしれません。日本にとどまらない海外のニーズに応えることで今まで経験したことがないデザインがつくれることにワクワクしています。なにより世界が身近になったと感じられました。文化が違う中で、何かを一緒につくるというのはとても楽しいです。

サイボウズで仕事をしていくうちに、自分の世界と可能性が広がってきています。デザイナーは、言語だけでなくプロダクトを介してコミュニケーションができるため、「デザインは国境を越える」と、強く実感しています。世界に羽ばたく仕事をしていきたいですね。

私のオフタイム

最近、書道を習いはじめました。
仕事では毎日デジタルツールを使ってデザインやイラスト制作をしているので、筆と紙と墨というアナログツールを使って表現する体験は非常に気分転換となります。

自作ラインスタンプ
「ボルドーのネコさん」好評販売中!
ボルドーのネコさん
ボルドーのネコさん - Club Mix Edition -

*インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。