cybozuRECRUITMENT

ENTRY

MEMBERS

吉川 拓哉

2018年 キャリア入社

サイトリライアビリティエンジニア(SRE)

技術とチームワークを活かせる環境でインフラを支える

PROFILE

吉川 拓哉

埼玉県出身。東京大学 理学部情報科学科卒業。
東京大学大学院 学際情報学府修士課程、国立情報学研究所 トップエスイー修了。
前職ではLinuxをメインにOSSの普及・開発に関わり、仮想化モジュールKVMのコミュニティ開発への貢献に関して日本OSS奨励賞を受賞。その他、R&Dでログ分散処理基盤の構築やデータ分析を経験し、2018年4月にサイボウズにキャリア採用で入社。現在は、運用本部SREチームでクラウド基盤の運用・開発業務を担当。

自分の技術を活かしたい

前職ではオペレーティングシステムの開発に関わっており、そこでサイボウズ製品を使用していたことが、最初の出会いです。さらに、大学の先輩がサイボウズに入社したことを聞き、興味が湧いていました。そんなある日、サイボウズのエンジニアと話す機会がありました。その際、当時の私が抱いていた「クラウド基盤を持っている会社で自分の技術を活かしたい」という想いがサイボウズでは実現できそうだと知り、入社に至りました。

サイボウズは、クラウド基盤からアプリケーションまで、自社開発をしている会社でしたので、自分の技術が製品に直接活かせるところがとても魅力的でした。また、私はサービスの価値を継続的に提供するためにはチームワークが重要と考えています。作るだけでなく、メンテナンスを担当するエンジニアまで含めてそのサービスの内容に対して理解・共感する。それこそがエンジニアのチームワークではないかと。その点でも、チームワークを重んじる風土に惹かれましたね。

リーダーとしてスピード感ある組織をまとめる

事業の中心を担うクラウド基盤cybozu.com。このサービスの運用と開発に取り組んでいるSREチームで、私はリーダーを担当しています。転職して感じたのは、サイボウズのスピード感です。前職では、改善案を提案してからそれが反映されるまでとても時間がかかっていました。提案したものの、着手されるのは自分が組織から離れた後なんてこともざらにありました。ですが、入社してすぐに提案したものが、半年後には検証も終わり適用段階に移っています。このスピード感と、自分の考えが実現できること、これらは仕事をする上でとてもやりがいを感じるところですね。

今のチームは若いメンバーが多く、そこに外から入ってきた私がチームをまとめ上げて機能させていくことを、日々試行錯誤しています。単にゆるくて居心地のいい場所をつくればいいということではなく、しっかりとしたアウトプットを出していくための体制づくり・仕組みづくりに挑戦しています。

自分次第でアクションを起こせる環境

サイボウズはインフラからアプリケーションまで一貫した自社開発を行っているため、さまざまなレイヤーのエンジニアが同じフロアで仕事をしています。自分からコミュニケーションを取りにいけば、いろんなレイヤーの人たちと情報交換ができたり、全社的な課題の改善に向けた議論ができたり、自分のやる気次第でアクションを起こせる環境だと思います。

転職したばかりの頃は、コミュニケーションがとりやすいこの環境をうまく活かせていないと感じていました。まずは他の社員についてもっと知る必要があると思って、情報のキャッチアップから始めました。サイボウズは自社製品のグループウェアを日常的に活用しているため、社員が発信していることはすぐにキャッチアップできました。そこから自分もコミュニケーション量を増やすことができ、それを実際に話す際のきっかけにもしていましたね。それは他の会社と比べても、サイボウズだからこその魅力だと思います。

チームのトラブルを「チームで解決」できる場所

自分のチームの一番重要なミッションは「サービスを24時間365日安定稼働させる」ことになります。ですが、時にはトラブルが発生してしまうこともある。そういった時に、トラブルを起こした人間とその上司だけが責任を持って、深夜まで残って対処している会社もあると思うんです。

しかし、サイボウズではチーム全体が「自分の問題」だと意識して、「どうすれば解決の手助けになるか?」と考えてくれます。そのうえ、実際に手伝ってくれるため、あまり孤独感を感じません。チームの問題を「他人の問題」ではなく「自分の問題」としてメンバー全員で助け合う。それが結果に繋がるチームを、リーダーとしてこれからもつくっていきたいと思います。

私のオフタイム

大学時代にピアノのサークルに所属していた事もあり、ピアノが趣味です。社会人になってから10年以上弾いていませんでしたが、サイボウズ入社が決まってから近所の練習室を借りて週に何回か弾くようになりました。
その他、週末にジムで運動したり、時々お酒を飲みながら人と交流したり、多趣味です。

*インタビュー内容は取材時点のものです。ご了承ください。