社員紹介

技術×グローバルで世界一を目指す 佐山ウィリアム明裕システムエンジニア 慶應義塾大学 メディアデザイン研究科 2012年入社

日本で生まれ、イギリスで育った佐山。海外育ちの明るい性格と自身の
3度の異動の経験から「ウィル」という愛称で多くの部署の社員と気さくに
話す彼の今まで、そしてこれからについて探ってみた。

自分の仕事が実感できる仕事

就職活動をはじめた当初は規模の小さなベンチャー企業にと考えていました。大手の有名企業にはあまり興味がありませんでした。今考えると浅はかな考えだったのかもしれませんが、大手企業の場合、働く場所ややりたい業務を選ぶことができないと思っていました。それに、ベンチャー企業の場合、自分のやっている仕事が目に見えて感じることができる、それが働くモチベーションにつながると考えていました。実はサイボウズより規模の小さい企業からも内定を頂いていたのですが、家族とも話し合い、またサイボウズの部活にも入社前に参加させて頂いて社員と仲良くなったこともあり、サイボウズへの入社を決意しました。大学のころからバドミントンを続けており、働いてからも体を動かしていきたいという考えもあったので部活の存在は僕にとってかなり大きかったです。

タイムスケジュール

  • ● 08:30出社、1日のスケジュール確認
  • ● 09:00海外チームとのやりとり
  • ● 11:00技術者向けコンテンツの作成
  • ● 12:00ランチ
  • ● 15:00設計のレビュー/コーディング
  • ● 20:00帰宅

3年で3度の職種チェンジ

私は3年で3回大きな異動をしています。新入社員で配属された部署は開発本部の品質保証部という製品の品質を管理する部署でした。この部署では開発チームが作り上げた製品を様々なシナリオを考えながらテストしていく業務がメインだったので、製品がどのような仕様になっているのかを隅々まで知ることが出来ました。

入社2年目になりたての頃にグローバル戦略室に異動になり、がらりと環境が変わりました。主に担当していたのは米国企業への営業活動ですが、営業の他にもパートナー営業、マーケティング、通訳/翻訳、技術、サポート、US用コンテンツの運用など、幅広く業務を行っていたので、他部署の社員のアドバイスをもらいながら少しずつ知識を深めることが出来ました。
業務を通して他部署の人とも仲良くなり、信頼を深めていけたのが嬉しかったです。

入社3年目ではシステムエンジニアの部署に異動になりました。私が現在担当しているのは国内外のお客様への技術支援です。サイボウズのUS進出を支援するため、今までの技術的な知識とグローバルの経験を活かし、USの技術者向けサイトの公開も担当させて頂きました。

バラバラな仕事をしていると思われるかもしれませんが、一貫して「kintone」という製品に携わっており、3年でkintoneを多面的に捉えられるようになりました。

サンフランシスコに行って学んだこと

サンフランシスコへの出張は印象に残っています。普段東京で勤務しているので、いつもは米国のお客様と直接お話する機会がありません。サンフランシスコで多くのお客様やパートナーさんに実際に会ってお話することができたのが何よりも楽しかったです。

米国で認知度が低いサイボウズの会社や製品を紹介したり、日本と米国のワークスタイルの違いについて議論しあったり、競合会社のマーケティング手法について語り合ったりして色々とお話を通して学ぶことが多かった出張でした。

現在、そしてこれから

グローバル戦略室を担当していた頃、サイボウズとして海外のお客様に対する技術的な支援がもっと必要だと感じる事が多々ありました。
現在のチームでは特にkintoneのカスタマイズを中心に扱っておりエンジニアに向けての技術支援を行っていますが、国内外問わず支援が行えます。

3年サイボウズで働いてみて自分は「技術×グローバル」というキーワードが自分のキャリアに合っていると感じ、深めていきたい分野だと実感しています。これからも技術的な知識や経験を業務を通じて深めていき、今後はUSの技術者向けサイトを通してグローバルでkintoneの技術支援を行い、kintoneが海外で市場を開拓する一端を担いたいと考えています。

佐山 ウィリアム 明裕

日本人の母とイギリス人の父の間に誕生。高校までイギリスで過ごしたのち、大学から来日。国際基督教大学を卒業後、慶應義塾大学大学院メディアデザイン学科に進学。2012年入社。入社1年目に品質保証部に配属され、kintoneの品質保証に携わった後、自身の語学力を評価され入社2年目にグローバルビジネス戦略室に異動。米国への単身出張もこなした。3年目でシステムコンサルティング本部に異動となり国内外の顧客への技術支援を行っている。

所属している部活 ボードゲーム部

バドミントン部、バスケットボール部とボードゲーム部に所属しています。
中でもボードゲーム部の活動は活発で、お昼時間にご飯を食べながら部員とボードゲームをしながら楽しんでいます。はじめて知るゲームを多く紹介されるので、ゲームを通しての知恵比べがいつも楽しいです。

休日の過ごし方

バドミントンをしています。大学の部活やクラブなどに練習をしに行っています。試合もなるべく出場するようにしています。

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式