社員紹介

お客様の安定運用のために プログラマ 東京大学大学院新領域創成科学研究科 2012年入社 湯谷 啓明

大学時代は土木系。そんな彼がサイボウズを選んだのはサイボウズが一番「らしくない」から。
畑違いの分野からIT業界に飛び込んでの心境は?
一人前のエンジニアになっているのか!?

新しいことにチャレンジしたい

正直言って一番自分らしくない環境がサイボウズにはあったので入社しました。もともと院で学んでいた土木コンサルの仕事を考えていたのですが、就活をしていく中で何か新しいことをしてみたいと思うようになりました。そこで当初は想定していなかったIT企業で働いてみようと思うようになりました。

サイボウズが強く主張しているチームワークというものはあまり意識してきたことがなく自分にはチームワークはできないと思っていました。一番向いていない環境に身を置く事で新しいことにチャレンジしてみたい、そういう気持ちでサイボウズを選びました。

タイムスケジュール

  • ● 08:00出社、勉強
  • ● 09:00監査ログや警告の確認
  • ● 12:00ランチ
  • ● 13:00通常業務
  • ● 18:00適用作業
  • ● 20:00退社
  • ※深夜は警告があれば対応

お客様環境の安定運用のために

現在はサイボウズの Forest チームに所属しています。Forest とはサイボウズのクラウドサービスであるcybozu.comのクラウド基盤のシステムを作っているチームです。長期的な目標は、安定運用のために運用環境の現状を可視化することと手順書の作成に取り組むことです。短期的には、Forestの警告情報を開発者が必要なかたちで共有することです。

Forestチームのメインの業務は自社クラウドサービスの運用管理です。そのためシステムで障害が発生すると深夜でもメールや電話があり自宅で深夜作業をすることもしばしばあります。深夜の呼び出しにははじめは戸惑いましたが、お客様環境の安定運用に貢献しているという実感を持てる業務なのでやりがいを感じています。

Cybozu Inside Out

cybozu.com の運用を支える Forest チーム

cybozu.com

湯谷が開発に携わっているcybozu.comのクラウド基盤について詳しく説明されています。

経験ゼロから監視用ツールの開発

最も成長したと感じた業務は、サーバーに記録されているログを監視するツールの開発です。このツールを開発するまでは数万行のログを一行一行見て「このログは重要」「こっちは重要じゃない」と勘と経験を頼りに判断していました。そこで、一部を自動化するツールを開発しました。

判断する際の判断基準を文章化するのが大変でした。実は僕は大学でプログラミング経験が無かったのですが約2ヶ月間かけて開発しました。まだこのツールを使っているのは自分だけですがこのツールを使うと作業時間が30分から5分に短縮されるようになり自分としては成長できた開発の経験だと感じています。

今後の目標

今後は Forest の警告情報を分かりやすい文章で他部署に伝えることを意識的に行っていきたいと思っています。Forestで共有している情報は部内では共有されるのですが、他部署にうまく必要な情報が伝わりきっていないところがあるので、そういうものを自分が文章化し伝えていけるようになりたいと思っています。

湯谷 啓明

京都大学農学部地域環境工学科を卒業後、東京大学大学院新領域創成科学研究科に進学。院では建設マネジメントを専攻し治水対策の歴史の研究に励む。タイで洪水が起こった際に現地にフィールド調査に行くなど精力的に活動を行っていた。新人研修後グローバル開発本部 Forest チームに配属。

おすすめの本

「Handmade Electronic Music ―手作り電子回路から生まれる音と音楽」

スピーカーを痙攣させたり、クレジットカードを「演奏」したりすることを通じて、音とは何なのかを探求するギークな本です。ただの空気や電気信号の振動が、音になり、音楽になっていく過程は、とてもスリリングな冒険です。電子音楽が好きなひとだけでなく、日常のちょっとした「なぜ?」が気になってしまうひとにおすすめの一冊です。(とか紹介しておきながら、私は本のかなり前半で自作アンプが壊れて挫折中です...)

休日の過ごし方

平日にたまった家事と大学時代から始めた演劇をしていることが多いです。社会人劇団に所属し、たまに舞台にも出ています。

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式