社員紹介

海外拠点と主力製品を 共同開発 プログラマ 高知工科大学院 工学研究科 2012年入社 神﨑 優子

東京唯一の女性のソフトウェア開発エンジニアは、入社一年目にジェルネイル部を
設立するなど女子力の高いリケジョだった。そんな彼女の心中に迫った。

女性が長く働き続けられる環境、それがあったから入社を決めた

中学校の頃から自作Webサイトの運営をはじめて研究でもWeb関連に携わっていたので、就活では自分の経験を活かせるWeb業界に絞って受けていました。しかし職種的にまだまだ女性が活躍している企業が少ないためか育休に関する制度はどの企業でもありましたが、具体的な制度の利用状況などを知ることは出来ませんでした。

そんな時に同じ研究室の先輩からサイボウズの事を教えてもらい説明会に参加してみました。そこで女性の育休取得率や復帰後の仕事の様子など具体的に知ることができたのでとても安心することが出来ました。女子で院卒というのは同期でもそれほど多いわけではなく、やはり院まで出ている分長く働きたいなという思いは人よりも強いと思います。

タイムスケジュール

  • ● 09:00出社、Sustainチーム朝会
  • ● 09:10不具合の改修
  • ● 12:00同期と社内でランチ
  • ● 13:00Sustainチーム定例(ベトナムとTV会議)
  • ● 13:30不具合の改修
  • ● 18:30退社

希望していたQAからプログラマへの挑戦

はじめQAを志望していたので今のSustainチームにソフトウェア開発エンジニアとして配属された時はとてもびっくりしました。周りの同期程技術に自信があるわけでは無かったので本当に私で良いのか最初は戸惑いました。現在のミッションはGaroonという製品で見つかった不具合の調査/改修をする事です。

既にリリースされ、お客様が利用されている状態で見つかった不具合を対象とするため、「素早く確実に不具合を改修する」ことが一番大事なミッションになります。そのためにはまだまだプログラミングスキルを上げる必要があると日々感じています。

直接会ってはじめて分かること

1年目の時のベトナム出張が今でも印象に残っています。ベトナムのメンバーとは週1回テレビ会議でミーティングを行っているのですが、出張する前は、顔と名前が一致していない方も多く、グループウェア上でのやり取りも淡々としたものでした。

出張では、私が部長を務めるジェルネイル部の活動も行わせていただき部活を通しても一人ひとりがどんな方なのか分かるようになったので、帰国してからもコミュニケーションがとても取りやすくなりました。ベトナムメンバーには尊敬できる人が多く、そのようなメンバーと一緒に働けて嬉しいです。

会社から必要とされる存在に

まだまだ目の前にある業務をするので手一杯の状況ですが、今、他の方から助けて頂いているように、他の人の業務も効率的にできるような仕事ができるようになりたいと思っています。まだ先のことにはなりますが、結婚して子供を育てるために育休をとるときには、「早く戻って来てほしい」と思ってもらえるような仕事が出来るようになっていたいです。

神﨑 優子

高知県出身。高知工科大学/大学院ではWebサービスで人間の生活を長期間に渡りデジタルデータとして記録するライフログを活用するための手法を研究。新人研修を経て東京開発部のSustainチームに配属される。

所属している部活 ジェルネイル部

ボードゲーム部、フットサル部、料理部など7つの部活に所属しています。なかでもジェルネイル部は1年目のときに私が設立した部活で、部長をしています。業務が終わったあと、会社の会議室でジェルネイルを自分でやったり、誰かにやってもらったりしながら、女子トークをする部活です。開発部は女性が少ないこともあり、ジェルネイル部を通して他部署の女性と仲良くなれました。

休日の過ごし方

カメラを持って、色んなところに出かけます。近くの公園や、美味しい食べ物、花火などのイベント事だったり、思い通りに撮れるとすごく嬉しいです。上手く撮れた写真はランチの時間に自慢しちゃいます。

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式