社員紹介

多くのユーザーに使ってもらう責任とプレッシャー ソフトウェア開発エンジニア(責任者) 広島大学大学院 工学研究科情報工学専攻 2009年入社 水戸 将弥

入社後は東京で働き、現在は松山でエンジニアとして働く水戸に
東京と松山の違いなどについて聞きました。

雰囲気に惹かれてポスドクからサイボウズへ

ポスドク採用制度を利用してサイボウズを受けました。ポスドクという立場は非常に不安定で、将来を不安に思いながら過ごしている人は多いと思います。私もその一人でした。 そんな時、サイボウズでポスドクの採用をするというニュースを見て、選考に進みました。

サイボウズの事は何も知らず、就職活動も他では特にしていませんでした。正直、内定をもらってからポスドクの道を進むか、就職するか悩めばいいや、と思っていました。しかし、面接に進んでいくうちに、「サイボウズに入社したい」と思うようになりました。面接官の雰囲気がとても良かったからです。違う部門の人同士がとても気さくに話しているのを聞いて、その雰囲気に惹かれました。

タイムスケジュール

  • ● 09:00朝会(東京メンバーとSkypeで)
  • ● 09:30仕様検討会議
  • ● 10:00仕様書作成
  • ● 12:00勉強会
  • ● 13:00松山開発部定例打ち合わせ
  • ● 14:00実装、レビュー
  • ● 18:00製品定例打合せ
  • ● 18:30実装、レビュー
  • ● 20:00退社

多くのユーザーに使ってもらう責任とプレッシャー

入社して3年間は東京で過ごし、4年目に松山に転勤になりました。元々、サイボウズに入社する前から数年間は東京で過ごして、その後、松山で仕事がしたいと思っていました。松山と東京、開発部を比較したときの松山の良さは(カスタマーサポートが松山にあるので)お客様の声が聞こえやすいという所。悪い所は東京と比較して人材がなかなか採用できないところ。

それ以外は開発する製品が違うというだけで東京と変わらないです。松山に移動した変化より担当する製品が変わったという変化の方が大きいです。東京にいた時はユーザー数の少ない製品を担当していたのですが、現在はサイボウズ Office、メールワイズというサイボウズの主力製品を担当しています。 ユーザー数が多く、お客様の反響が大きい製品を担当しているという所に責任とプレッシャーを感じますが、それがやる気にもつながっています。

印象に残っている二つの仕事

印象に残っている仕事は二つあります。一つ目は東京に居るときにベトナムと分散開発をしたことです。入社前から松山で働きたいとは思っていたものの、環境を変えることに不安もありました。そんな時、ベトナムとの分散開発を経験しました。プログラマも品質保証のメンバーも東京とベトナムに分かれていたのですが、なんとかリリースまでこぎつけることができました。

その時に、プログラマの仕事は場所にとらわれないから、松山に移動しても東京にいる時と同じように仕事ができるという確信を持てました。二つ目はデータ移行ツールの開発を担当したことです。それまで私は業務を抱え込んで、自分でなんとかしようとしてしまうところがありました。このツールを担当した際も初めはひとりでいろいろと抱え込んで悶々としていました。

しかし、絶対に失敗が許されないツール。ある時抱え込みきれなくなって周りに相談しました。結果的に周りの手助けもあり、ツールは無事完成しました。それ以来、気軽に人に助けてもらえるようになりました。自分だけで考えて実行するよりも仲間に相談して進める方が何倍も良い。その時の経験を通してその当たり前のことにやっと気付いたんです。

みんなの成長を手助けできる存在になりたい

将来的にはプレイングマネージャーとして、開発しながら人材マネージメントをしていけるような存在になりたいです。自分も含めメンバーが技術的な成長を感じながら仕事ができて、チームとして良いアウトプットをだせるようになれればと。

そう思うようになったのは、人に助けを求められるようになり、自分がとても成長できたと実感したからです。周りの手を借りて自分は成長できた。次は私がみんなの成長を手助けできる存在になりたいと考えています。

水戸 将弥

広島県出身。広島大学/大学院ではアルゴリズムを研究。その後、兵庫県立大学でデータ解析研究を行う。ポスドク採用制度を利用し2009年サイボウズに入社。入社後は東京の開発部に配属され、SP Appsを担当。入社4年目に松山開発部に転勤。現在はサイボウズの主力商品であるサイボウズOffice、メールワイズを担当し、特にメールワイズでは開発責任者を務める。

おすすめの本

「アプレンティスシップパターン」

技術者の心得が書かれている本。読むとやる気がでる(と同時にいろいろできて無くて反省する)。数年後に再読したい。

休日の過ごし方

インドアで過ごしたり車で美味しいものを食べに行ったりしています。

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式