社員紹介

一度はサイボウズを離れた販売責任者 ビジネスプロダクトマネージャー 早稲田大学 理工学部 2009年入社 和田 武訓

2009年に新卒でサイボウズに入社。
一度は転職するも、サイボウズでの仕事の楽しさが忘れられずに再入社。
現在、プロダクトマネージャーとして活躍している。

年間数十億を売り上げるサービスの販売責任者

主力製品の「サイボウズ Office」と「メールワイズ」の販売・マーケティング責任者をしています。ビジネスプロダクトマネージャーの主な仕事とは、担当サービスをどのようにして多くのお客様へ伝えるかを考え実行していくことです。

具体的な仕事は市場調査と販売戦略の立案です。
そのため、担当サービスの売り上げに責任を負っている重要な役割です。

年間で数十億円の売り上げがあるサービスなので、プレッシャーもありますが、自分で企画を考えて実行し、ビジネスを大きくしていくのはとてもエキサイティングな仕事です。

タイムスケジュール

  • ●8:30出社
  • ●9:001日の準備、メールチェック
  • ●10:00広告代理店とプロモーションについて打ち合わせ
  • ●12:00ランチ
  • ●13:00協業先との意見交換
  • ●15:00部署の全体会議にて各プロジェクトの進捗確認
  • ●17:00翌日の講演準備
  • ●19:00退社

一度退社してからの出戻り

2011年に一度サイボウズを退社してWebサービスを展開する会社へ転職しました。この時点ではサイボウズに戻ってくるつもりはなかったのですが、時を経るにつれてサイボウズでの充実した時間が忘れられずもう一度戻ることを決意しました。

最初に働いていた頃よりも視野が広がったと思いますし、他社を見たことで自社の良い点も見えるようになりました。何より2回も入社するほど好きな会社に貢献したいという気持ちで毎日働いています。

退職する前と、入社してからは営業職で働いていました。
パートナーセールスとダイレクトセールスの両方を経験することができ、多くのお客様やパートナー企業様を訪問していましたので、そこで得られた生の情報は今の仕事にも役立っています。

便利な製品を多くのお客様に届けたい

この仕事のやりがいは、自分が考えたマーケティング施策や販売プランを社内外の人を巻き込みながら実行していく点です。広告を出したり、時にはダイレクトに自分の言葉で多くのお客様に伝えるために全国を飛び回ってセミナーを開催します。

大きな規模のプランには役員や社長の承認が必要な場合もあるため、企画を深くまで考えて社内でプレゼンする必要があります。綿密なプランニングもさることながら、一番大切なのはその企画にかける熱い想いだと思っています。

社内外の協力者を巻き込みながら、多くのお客様に便利な製品をお届けできるようにこれからも活動していきたいと思います。

和田 武訓

2009年早稲田大学理工学部を卒業して新卒でサイボウズへ入社。2011年にWebサービスを提供している会社へ転職して、2013年にサイボウズへ再度入社。営業を経て現在ビジネスプロダクトマネージャーとして活動中。

休日の過ごし方

週末は健康のため、ジョギングをしています。甘いものが好きなので結婚してからは、妻と一緒にスイーツ巡りをしています。運動後のスイーツはいつも以上においしいので、おかげでだいぶ太りました。

おすすめの本

『微差力』

日々の積み重ねが後々大きな差になると気づかせてくれた本です。お客様がいるということは、必ずそこには競合他社がいて、環境は日々変化していきます。計画通りにいかないことがほとんどなので、日々成功のゴールをイメージしながら仮説と検証を繰り返し、目標達成を実現していくことが大切だと思っています。

ビジネスマネージャー
2004年入社
ビジネスマネージャー
2005年中途入社

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式