社員紹介

希望を変えてでも入りたかった会社 財務経理部リーダー 明治大学 商学部 2007年入社 江藤 真由美

新卒から財務経理部にはじめて配属された江藤。
現在は財務経理部のリーダーとして業務の取りまとめと後輩の指導を担当しています。
私生活では2012年に第一子を出産。ウルトラワークを利用しながら活躍する頑張り屋のママリーダーです。

希望を変えてでも入りたかった会社

文系出身ですが、数学が得意でシステム関係に興味があったこともあり、就職活動ではIT系のSE職を中心に就職活動をしていました。就職活動中、たまたまできた空き時間をどうしようかとナビサイトで検索したところ、空き時間に時間も場所もちょうどマッチした説明会があり、せっかくだから参加してみることにしました。

何の知識もなく参加した説明会ですが、先輩社員との会話から非常に開放的な雰囲気を感じ、また、上場会社なのに、直接社長と副社長が将来のビジョンを熱く語る姿にとても魅力を感じました。

サイボウズには希望していたSE職の募集はなく(当時)、文系だったら営業職、と言われましたが、希望を変えてでもこの会社で働きたい!と思い応募しました。

タイムスケジュール

  • ● 09:00取締役会で財務状況報告
  • ● 10:00IR対応
  • ● 11:00会議で経営数値の説明
  • ● 12:00ランチ
  • ● 13:00ミーティング
  • ● 14:00財務資料や内部監査資料作成
  • ● 18:00退社

驚きだった経理への配属

現在は財務経理部のリーダーとして現場の統括と、取締役会資料や有価証券報告書など各種資料の作成と報告、財務やIR全般を担当しています。

文系だったら営業に配属と言われて入社しましたが、私の年代から営業以外のポジションにも新卒が配属されるようになり、私は研修後の配属の段階で財務経理部に配属されました。

大学でアカウンティングコースを取っていたこともあり、将来的には会計関係の道に進みたいと思っていましたので、いきなり経理に配属されて驚きましたが、同時にとてもワクワクしました。

今の仕事で好きなことは新しいビジネス指標を考えたり、業務をより良くするための手法を考え形にしていく事です。暇があればいつも考えています。
経理の仕事は正確さを求められますが、時間も工数も限られた中で、正確さを保ったまま省エネできる仕組みを考えるのは特に楽しいですね。

あきらめも時には必要、バランスが大事だという事に気付いたプロジェクト

これまでの仕事の中で一番印象に残っているのが工数管理システムの改修プロジェクトです。当時私は3年目で、少し自分に自信を持ち始めていた時期でもあり、経理としてはこうあるべきと強い意志を持ちプロジェクトを進めていました。ですが結局は私の提案が受け入れられず、関連部署からの反発を生みました。

当時は不正や適当な操作が絶対にできない厳格なシステムを作ることが正しいという概念があり、機能制限や厳しいルールで設けようとしていました。しかし、それは疲弊を生むだけで、結局はそれで得られるものはほとんどないということに気づかなかったのです。視野が非常に狭かったんですね。

自分のやりたいことだけではなく、いろんなニーズや意見をすり合わせたり、視点を高くもち均衡のとれた着地点をみつけることで、皆がHappyになるのだと気付きました。その為にはある程度のあきらめも必要で、大事なのはバランス感と広い視野だと学びました。

子育ても仕事も満足のいくように

今2歳の子供がいます。今後ライフステージが移り変わっていくことになると思いますが、その都度、子育ても仕事も満足のいくようにできるようにワークライフバランスをコントロールしていきたいと思っています。特に仕事においては、財務経理のスペシャリストとしてもっと高い視点から会社や世の中を見て、考えられる人材になりたいと思っています。

現在はリーダーという役割も任せていただいていますが、プレーヤーとしてもまだまだ手を動かし勉強して知識や経験を増やしていくとともに、マネジメントにも積極的にチャレンジしていきたいです。

江藤 真由美

明治大学商学部アカウンティングコース卒業。2007年4月新卒でサイボウズ入社。
子会社の経理とIRを担当→本体の決算や原価計算/管理資料を任されるようになり、サイボウズの財務経理業務全般を任されるように。2012年4月に産休に入り出産。育休を経て2013年3月に復帰。2013年の冬からリーダーに。

休日の過ごし方

土日のうち1日は、子どもを夫に任せ、ひとりでネイルサロンにいったり、ぶらぶらショッピングをします。仕事や家事、育児から離れて一人の時間を楽しむことが、私にとってはストレス解消や活力になります。

所属している部活

応援専門で野球部に所属し、子どもを連れて試合を観に行きます。

カスタマーサービス
2011年入社

ビジネス職

エンジニア職

事業支援

松山オフィス
カスタマーサービス/開発

プロフェッショナルズ from サイボウズ式