cybozuRECRUITMENT

ENTRY

新入社員白書

2020年度入社の
新入社員36人に聞きました。

新入社員ってどんな人?

Q1.文系or理系?

円グラフ:エンジニア系(理系)18人。ビジネス系(文系)17人。ビジネス系(理系)1人。 円グラフ:エンジニア系(理系)18人。ビジネス系(文系)17人。ビジネス系(理系)1人。

2020年度入社のエンジニア社員は全員が理系出身でした。
ビジネス社員では9割が文系出身でした。

Q2.サイボウズを志望した理由は?

  • 営業

    「公明正大」や「多様の個性を重視する」文化にとても共感したからです。
    嘘をつかない、多様性を受け入れる文化が、会社全体であることは本当に他ではないことだと思います!

  • 人事

    サイボウズの発信しているチームワークに共感をしたからです。
    これを広めてチームワークあふれる社会を創りたいと思いました!

  • 開発

    人々の手間を極力減らすことができる製品・環境を提供することがやりたいと思っていました。
    製品的にもチーム的にもまさにやりたい仕事ができると思ったからです。

他にもこんな声がありました

  • 自立して、自分がやりたいこと、やるべきことを常に考えながら働く環境が、自分の成長につながると思いました。
  • チームワーク向上・業務効率向上に主眼をおいた自社サービスの開発運用を行っていることに魅力を感じました。
  • 働き方や個性に対する柔軟な考え方をもつ風土をインターンや面談、面接を通してよく伝わってきたためです。
  • 理念に共感し、経営者も尊敬できると思ったからです。
  • 何よりも人に魅力を感じたからです。

Q3.サイボウズで実現したいことはなんですか?

  • マーケティング

    「うちもサイボウズ製品を入れたらもっとチームワークが向上するかもしれない!」
    と思ってもらいたいです。

  • 開発

    より多くの人のより良い労働環境を実現していきたいです!
    同時に、社員とただの仕事の関係だけではなく、友情的な関係を築きたいです。

  • 法務

    会社のグローバル展開を法務という観点からサポートしていきたいです。

他にもこんな声がありました

  • アクセシビリティの観点からより多くの人にとって使える・使いやすいグループウェアにしていくことです。
  • エンジニアとデザイナーのハイブリッドになってデザインと開発の垣根を無くしたいです。
  • 地域でより魅力ある企業づくり・働く場づくりに貢献したいです。
  • 都市部の大企業だけでなく、地方中小企業にもツールを広め、多様な働き方ができるようにして、
    都市部のビジネスパーソンが地方で複業できるようにしたいです。

どんなふうに就活をしていたの?

Q4.サイボウズの選考で印象に残っていることは?

  • 開発

    最終面接で本社まで行ったときに面接官の方が机の上のディスプレイの中にいたことです。
    出社していない人が面接できる環境を感じてイメージ通りの会社だと思いました。

  • システムコンサルティング

    1次面接後にエンジニアとして採用できない旨を伝えられました。
    しかし、そこで別職種での選考を進めていただき、最終的に入社に至りました。
    一人一人の学生と誠実に向き合っていると感じ、志望度が上がったのを覚えています。

他にもこんな声がありました

  • 最終面接がすごくたのしくて、今自分本当に最終面接をしたのかな?と思いながら帰路についた覚えがあります。
  • 3次面接で△の評価(合格でも不合格でもない)が出て、2度目の3次面接が実施され、不思議な会社だなと思いました。
  • 学生だったわたしの話を一生懸命聞いてくれ、理解しようとしてくださった面接官を見て、その真剣さに感銘を受けました。

Q5.面接で気をつけたことは?

  • 営業

    自分が思っていることを真摯に伝えること、相手の立場だったときにどういう人と働きたいかを常に考えて面接に臨んでいました。

  • 法務

    とにかく質問をするようにしていました。
    自分とマッチする企業かメンバーの雰囲気が自分に合うかを感じ取ることを大事にしていました。

  • 人事

    前の面接と変わった考えを話すときは「以前と少し変わっていますが」と伝えるようにしていました。
    情報共有を大切にしている会社なので面接で話したことも共有されているだろうと思ったので。

他にもこんな声がありました

  • 質問の内容でもなんでも、疑問に思ったことは聞くようにしました。
  • 面接始まる前に、一笑いとるようにしていました!(笑)
  • 思ったことを素直に話すようにしていました。
  • ITに関して詳しいわけではなかったので、これから学んでいきたいという姿勢が伝わるよう心がけました。

実際に入社してみてどう?

Q6.新人研修の感想を教えてください

  • 法務

    同期入社のみんなと親睦を深めることができてよかったです。
    コロナという緊急事態にもかかわらず、充実したオンライン研修を受けられました!
    (人事の皆様ありがとうございました!)

  • 開発

    サイボウズのことを網羅的に知ることができました。
    文化についても深く知ることができたのは良かったです。
    突然のリモート研修でも大きなトラブルはなくリモートに慣れていることも感じました。

他にもこんな声がありました

  • 他の部署でやっていること、目指していることを知れたことで、互いに関係し合って、
    支え合っていることで、自分の今の仕事があると感じられました。
  • オンラインの研修でしたが、面談をしていただいたり、
    同期ともざつだんをする機会があったので、不安なくすごすことができました。

Q7.所属部署は?

円グラフ:開発本部15人。営業本部6人。カスタマー本部5人。運用本部3人。ビジネスマーケティング本部3人。システムコンサルティング本部2人。法務統制本部1人。人事本部1人。 円グラフ:開発本部15人。営業本部6人。カスタマー本部5人。運用本部3人。ビジネスマーケティング本部3人。システムコンサルティング本部2人。法務統制本部1人。人事本部1人。

新入社員研修中に行う配属面談を経て、決定します。
各部署の配属人数も年代によって様々です。

Q8.配属後どのようなフォローがありましたか?

  • 営業

    基礎から応用までビジネスマンとして必要なスキルを身に付けられました。
    部署の配属もOJTがあったことで、自分がやりたいことを明確にすることができました。

  • マーケティング

    配属前に各チームの雰囲気や施策が分かるよう、様々なチームの会議に参加させてもらいました。

  • 開発

    3チームにチーム体験をして配属されたいチームを自分で決めることができました。

他にもこんな声がありました

  • 初日から実際に仕事をやりながら先輩に手取り足取り教えてもらうOJTでした。(法務統制本部)
  • 製品知識に関する問題集や電話ロープレ、メール研修などがありました。(カスタマー本部)
  • 3ヶ月間の製品研修を通して技術知識を業務レベルまで上げてもらうことができました。(システムコンサルティング本部)
  • 研修的なフォローは1日だけで、あとは先輩に同席しながら学びました。(人事本部)
  • 現運用基盤の仕組みの解説や、それについて調べる時間をもらい、後は現場で見て学びました。(運用本部)

Q9.この半年で何ができるようになりましたか?

  • システムコンサルティング

    製品に関する問い合わせに対し、調べながらかつ先輩方のレビューをいただきながらある程度の回答をすることができるようになりました。

  • 営業

    セミナーでの講師・司会、勉強会の運営などができるようになりました。
    商談も1人で対応することができるようになりました。

  • マーケティング

    担当製品への愛を語ることができるようになりました!
    基本テレワークなのでテキストコミュニケーションの能力は上がった気がします。

他にもこんな声がありました

  • 簡単な契約書をヒアリングからチェックまでできるようになりました。
    また、法律事務も一通りやれるようになりました。(法務統制本部)
  • 基本的な採用業務ができるようになりました。
    家で働くことにもだいぶ慣れました!(人事本部)
  • お客様のメール対応と電話対応ができるようになりました。(カスタマー本部)
  • 障害が起こった際の対応ができるようになりました。(運用本部)
  • アジャイルなWebアプリ開発に必要な基本的なスキルが身につきました。(開発本部)

Q10.入社前後のギャップはありますか?

  • マーケティング

    特にないです。
    想像よりはごくごく普通の「会社」で、皆さん日々もくもくと仕事をしています。

  • 人事

    公明正大な組織というのがこんなにも働きやすいとは想定してなかったです。
    制度以外の部分でも働きやすさを感じる部分はあります。

  • 開発

    想像したより自由な仕事環境でした。
    ただ、多様性理解についても、風土についてもまだまだ発展途上であると思っています。

他にもこんな声がありました

  • パートナー営業のため、働き方はある程度パートナーに合わせる必要がある点です。
    (ギャップではあったが、自分はこの働き方が向いていると感じているので問題ない)
  • モブプログラミングの拘束時間が予想していた以上に長いです。
  • 出社が月1ペースぐらいになるとは想像していませんでした。
  • 想像以上に情報がオープンだったことには驚きました。
  • 良くも悪くも、会社の風土や特徴として挙げられている要素には各社員・各部署・各チームで程度の差があることです。

Q11.複業はしていますか?

円グラフ:今はしていないけれど、いつかやってみたい23人。はい7人。いいえ(今後する予定もない)6人 円グラフ:変更した29人。変更していない7人。

「今はしていないけれど、いつかやってみたい」
と答えている方も6割を超えていて複業への関心の高さを感じますね。
実際に行っているメンバーは以下の通り様々に活動をしています。

  • ・テニスコーチ
  • ・学生時代にインターンしていた会社のお手伝い
  • ・塾講師
  • ・Webサイト運営など
  • ・Webアプリ開発
  • ・モデル etc…

Q12.働き方(時間/場所)は入社後変更しましたか?

円グラフ:変更した29人。変更していない7人。 円グラフ:変更した29人。変更していない7人。

変更している人の働き方は以下の通りです。
自分の業務内容や生活に合わせて柔軟に変更しているようです。

  • ・基本リモートに変更
  • ・場所は毎日選んでいる(自宅、オフィス、往訪、代理店)
  • ・9:45 -18:45 主にリモート、週2でオフィス勤務
  • ・出社を9-11時の間にし、退勤を18-20時と幅を持たせている。