社員紹介

気軽に相談に来てもらえる法務担当になりたい 法務スタッフ 2014年 入社 世古 久美子

大学卒業後は法科大学院に通い、企業法務に関わる弁護士を目指していた世古。法的な思考や知識を生かして、契約対応を中心にサイボウズの幅広い業務に携わっています。

企業の成長をサポートする弁護士になりたかった

大学で経済学を学んだ後、中小企業やベンチャー企業への法的支援を行いたいと考え、法科大学院(未修者コース)に進学しました。大学のゼミで、小規模な企業では十分な技術力があっても、社内制度つくりや契約交渉などについて知識が追いつかず事業の成長を妨げてしまうこともある、ということを学び、関心を持ったのがきっかけでした。

未修者コースとはいえ、クラスメートの3/4が法学部出身者で、最初は周りに追いつくのに苦労しましたね。卒業後も勉強を続けていましたが、別の道に進んだり、法曹の道を歩み始めたりするクラスメートを見て、プレッシャーを感じていました。今自分がしていることはこの先の人生にちゃんと生きてくるのかなとか、社会に出て働けるのかなとか不安を感じることが多かったです。

「ここで働きたい」と心から思えた

3度目の司法試験が終わってから、就職活動をスタートしました。葛藤がなかったと言うと嘘になりますが、試験勉強を続ける中で「学んだことを社会に出て生かしたい」という気持ちが強くなっていました。また、友人、先輩、大学院の先生など様々な方と積極的に会う機会をつくり、話をしていく中で視野が広がっていきました。自分がここで働きたいと思える場所とチャンスを見つければ、大学・大学院で学んだことを生かしながらやりたい仕事ができるはずだと、前向きに考えるようになりました。

ただし、特殊な学歴で業務経験もないので、応募口を探すのは苦労しました。そんな中、友人が紹介してくれた方に、「あなたに合いそうな会社が法務を募集している」と教えていただいたのがサイボウズだったのです。昔からメーカーに興味があって、やりたい業種というだけでなく、働く人の気さくで楽しそうな様子や、「いろいろな人を待っています」という会社の雰囲気も魅力的でした。面接では意表を突かれる質問もされましたが、その場その場で考えながら素の自分を出すことができました。コンプレックスのあった自分の経歴についても自然に受け止めてもらえているのを感じて、ここで働きたいという気持ちがどんどん強くなっていきました。

1年目から大きな仕事を任せられ、成長できる

配属されたのは内部統制部。秘密保持契約やパートナー契約、利用規約の作成・修正など、契約対応業務を中心に法務対応を幅広く行っています。配属後驚かされたことは、内部統制部の仕事が書面確認だけで終わることはほとんどなく、依頼をしてきた社員とのコミュニケーションを大切にしていること。社員から契約を結んでからろうとしていることをヒヤリングして把握し、相手方と条件を詰め直してほしい項目や契約後気を付けることなどを洗い出して一つずつ解消しながら、社員がやりたいことを実現できるようにサポートする仕事です。

今までで一番記憶に残っている仕事は、1〜2月に対応した株主総会の招集通知を作成したこと。これほど責任のある仕事を補佐的な立ち位置ではなく、1年目からメインでやらせてもらえるなんてと驚きました。柔軟な対応も求められる契約と異なり、法律や規則どおりに対応しなければならない招集通知の作成は丁寧さ、細やかさが必要で慣れるまで苦労しました。条文とにらめっこしながら抜け漏れがないかチェックしたり、他社の類似事例を調べて比較したりと時間はかかりましたが、完成した招集通知が届いたときには本当にうれしかったですね。

積極的に手を挙げれば若手にもチャンスが与えられる

私の上長は「手を挙げればやらせてあげる」と言ってくれる人です。努力を怠らないことが前提ですが、積極的に「やりたいです」と声に出して伝えると、やりたい仕事を任せてもらえる素晴らしい環境があります。サイボウズはオープンな会社で「公明正大」であることが求められます。影で文句を言うのではなく、言うべき人に意見を言う責任があるという会社の文化によって、私も積極性が鍛えられたと感じています。

直近の目標はサイボウズの契約業務について聞かれたときに、調べなくてもその場でおおまかに回答ができるレベルに成長することです。そのための経験を地道に積んでいけたらと思っています。また、海外の子会社の規模も大きくなっているので、私も関われる機会があれば積極的に参加して、英語での契約業務も担当できるようになりたいですね。

学んできたことは仕事で必ず生きる

資格取得を目指していても、様々な理由で私のように就職や他の道を目指す方もいるでしょう。でも、本当は他の仕事がしたかったのにというネガティブな気持ちを引きずったまま、次のステップに進むのはすごくもったいないと思います。ここで努力すればもっと成長できる、他の仕事ではできない素敵な経験ができる、というポジティブな気持ちでがんばっていれば、新しい道でもきっとやり甲斐や面白さを見い出せます。

法曹として働くのと企業で働くのとでは、異なる部分はたくさんありますが、自分に合った会社と巡り合えば、学んだことをエッセンスとして生かせる機会はたくさんあります。たとえば、一つひとつ根拠を論理的に積み重ねていく考え方や、課題解決の勘所だったり、ふとした瞬間に今までやってきたことに支えられていることを感じます。これまでやってきたことに自信を持って、でもあまり固執しすぎずに、いろいろなことにチャレンジしてみてほしいです。

世古 久美子

一橋大学経済学部卒業後、中央大学法科大学院に進学。卒業後も法曹を目指して司法試験を受験。3度のチャンス終了後、2013年に方向転換を考え、2014年新卒扱いでサイボウズに入社。現在は事業支援本部内部統制部にて法務担当スタッフとして活躍中。