TEAMWORK MANAGEMENT SYMPOSIUM TEAMWORK MANAGEMENT SYMPOSIUM

cybozu

2018.3.30 チームワーク経営シンポジウム 新しいカイシャについて、語ろう。開催レポート 2018.3.30 チームワーク経営シンポジウム 新しいカイシャについて、語ろう。開催レポート

これからの時代に求められるカイシャの姿、そして私たちとカイシャとの関係ってなんだろう? これからの時代に求められるカイシャの姿、そして私たちとカイシャとの関係ってなんだろう?

サイボウズのチームワーク経営やマネジメントの考え方をもとに、「新しいカイシャ」について議論する「チームワーク経営シンポジウム」を開催しました。株主もチームの一員になり、株主とカイシャのよりよい関係を構築するため、第21回定時株主総会をシンポジウムと同日に実施しました。

イントロダクション イントロダクション

サイボウズ株式会社
代表取締役社長 青野慶久

サイボウズの歴史と近況を振り返るとともに、チームワーク経営をテーマに、「新しいカイシャ」への思いを語りました。

Panel.1 ホリエモンと、語ろう。 Panel.1 ホリエモンと、語ろう。

パネラー パネラー
  • SNS media&consulting株式会社
    ファウンダー 堀江貴文氏
  • サイボウズ株式会社
    代表取締役社長 青野慶久
モデレーター モデレーター
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
    統括編集長 浜田敬子氏

Panel.1では堀江氏、モデレーターの浜田氏が登場。
青野も交えパネルディスカッションを実施。

Panel.2 みんなと、語ろう Panel.2 みんなと、語ろう

パネラー パネラー
  • 株式会社サイバーエージェント 取締役 人事統括 曽山哲人氏
  • 株式会社ほぼ日 最高財務責任者(CFO) 篠田真貴子氏
  • サイボウズ株式会社 取締役副社長 兼 グローバル事業本部長 山田理
  • (質疑応答のみ)サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野慶久
モデレーター モデレーター
  • BUSINESS INSIDER JAPAN 統括編集長 浜田敬子氏

革新的な組織作りをしてきた先駆者が、
新しいカイシャづくりの具体的な方法論と視点を披露。

サイバーエージェント曽山氏は「ビジョンの明確化」と「現場に介入せずに一任すること」を指摘。実力主義型終身雇用やセカンドチャンスを与える重要性を話した。

ほぼ日篠田氏は「クリエイティブは属人性あってこそ」と説明。そのための場づくりが社内のつながりを生み、生産性を高めると話した。

サイボウズ山田は自社の「育自分休暇制度」を例に、キャンプファイヤー経営に言及。「火を中心に歌ったり踊ったりしていたら、人は集まってくる。火から少し距離を置いて、キャンプファイヤーを楽しむ人もいてもよい」と話し、ビジョン経営をキャンプファイヤーになぞらえて説明した。

平社員でも会社を変えられるのか? 平社員でも会社を変えられるのか?

「平社員でも会社を変えられるのか?」の質問に対して、

「周りの人を一人でも変えているのか。それができない人が会社を変えられるわけはない。チャレンジしまくったほうがいい」(曽山氏)。

「動機があるんだったらきっと動くだろうし、そうでないなら、そこまでではなかったのではないか」(篠田氏)

「会社を変えるか自分が変わるかのどちらかではないか。キャンプファイヤー自体(=カイシャ)を変えたいのか、参加しきれていない人(社員)を変えたいのか。面白いと思っている人もいるかもしれないのでは」(山田)。

最後に青野から「現場の人が会社を変えられない。なぜなら、カイシャさんはいない。カイシャさんはバーチャルである。変えるのは会社ではなく、自分であり周りの人だから」と締めくくった。

サイボウズ株式会社 第21回定時株主総会 サイボウズ株式会社 第21回定時株主総会

株主もチームメンバーに。
今までない株主総会へ。

株主もチームの一員と考え、新たな関係づくりを目指すサイボウズ。株主総会の在り方を変えたいという思いから、アリキリの世界観を踏襲したステージセットそのままに株主総会を実施。堅苦しさを取り除いた雰囲気に。

株主以外の一般参加者も聴講が可能に

新たな試みとして、株主以外のシンポジウムに参加者も総会の聴講が可能に。総会当日に一般参加者から募った質問は、専用のWebフォーム経由でキントーンのデータベースに集められ、リアルタイムで紹介された。

株主からの質疑応答も例年以上に活発に行われ、社長の青野や各事業部の本部長が回答していった。

監査役のフリートークを実施

前年までの形式的な監査報告に代わり、「監査役から見たサイボウズ」について3名のフリートークを実施。

各監査役の専門分野を軸にした話が展開され、新たな視点で、よりリアルなサイボウズが語られた。