非営利組織のIT活用、どうしてる?

NPO、PTA、マンション管理組合、サークル、ボランティア、
自治会など、非営利組織での連絡手段は何がよいのでしょう?

メーリングリスト? チャットツール?

メリット

手軽・簡単

チャットツールやメールは、メンバーと連絡するための最も簡単で手軽な手段です。

デメリット

経緯が追いにくく
情報が埋もれがち

このようなツールは迅速にやり取りできる一方で、  そのとき限りの情報になりがちです。添付ファイルも 探しづらくありませんか?
また、新しいメンバーには過去の経緯もわかりません。

チームの円滑なコミュニケーションにサイボウズ

チームのノウハウを伝承し、
メンバーの情報アクセスを最適化しよう

非営利団体の活動の現場で使われています!導入事例

NPO法人HUG for ALL

HUG for ALLは児童養護施設の子どもたちに「信頼できる大人の存在」により、「安心できる居場所」と「生きる力」を身につけるための支援を行なっている団体です。

課題1

子どもたちの情報が蓄積されない

Facebookグループに子供達の学習情報を報告してもらっ

ていたが、情報がどんどん流れていく、埋もれていく。。。

課題2

ボランティアとのコミュニケーションが煩雑

全体へはFacebookグループ。

Facebookをやってないメンバーには別途、個別連絡。

事務局×子ども担当ごとにMessangerでやり取り。

kintone

事務局とボランティアのコミュニケーションを一元化し便利に

課題1の解決

子どもごとの学習に関する情報を蓄積

課題2の解決

通知やアクセス制限を活用し情報を共有・整理

team

HUG for ALLでは、サイボウズチーム応援ライセンスを利用しています。

業務効率化ツールへの投資が困難で、サイボウズ製品の利用が財政的に難しい団体が、

サイボウズ製品を利用してチームワークを高めることができるよう応援するライセンスです。

HUG for ALLでは、サイボウズチーム応援ライセンスを利用しています。

team

業務効率化ツールへの投資が困難で、サイボウズ製品の利用が財政的に難しい団体が、サイボウズ製品を利用してチームワークを高めることができるよう応援するライセンスです。

サイボウズを活用できる
非営利団体向けライセンス

33,000団体・130万ユーザーにご利用いただいている実績あるサイボウズのサービスを、NPO法人や要件を満たす任意団体および非営利型一般社団・財団法人には、1サービスあたり年9,900円でご利用いただけます。

特定非営利活動法人(NPO法人)、PTA・各種 サークル・自治会などの任意団体および非営利型 一般社団法人

公益法人、社会福祉法人、学校法人むけには、アカデミックガバメントライセンスをご用意しています。

学校法人、認可保育園、官公庁、自治体、独立行政 法人、公益法人、社会福祉法人など

災害復興支援に取り組む中央省庁、地方自治体、行政機関、公的医療機関、ボランティア団体、もしくはこれらを横断した組織には一時的にサービスを無償提供しています。