感謝祭企画 第1弾
トーク&パーティー

on Cybozu Days 2016

吉本新喜劇流の
チームワークのつくり方とは?

  • 川畑 泰史 氏
  • 諸見里 大介 氏

サイボウズ大阪10周年大感謝祭のとりを飾った「トーク&パーティー」には、抽選で選ばれた300人近いお客さまが参加。サイボウズバーでのドリンク&フードと、吉本新喜劇座長の川畑泰史さんと期待の若手メンバー諸見里大介さんによる爆笑トークを楽しんでいただきました。
「座長の秘訣、教えてください」と題して行われた今回のトークセッションでは、グループウェアのサイボウズらしくリーダーとチームワーク≠ネど合計9つのトークテーマを設定。司会者がボックスの中からランダムにトークテーマを選び、そのお題についてお2人にテンポよくトークを繰り広げていただきました。果たしてどんな話で会場が盛り上がったのか、その様子をご紹介します!

大阪は懐の深い街

最初のトークテーマは大阪とは?です。

新喜劇の座長は美人やお金持ちと同じ!?

うまくまとめていただきました。ではふたつ目のテーマは……
座長とは一体?です。川畑さんは実際に座長をやっていらっしゃるわけですが。

川畑泰史(かわばた やすし)
京都市出身、NSC大阪校9期生。NSC卒業後、1991年に吉本新喜劇に入団。2007年6月に座長就任。個性派キャラクター「川畑バタ子」をはじめ、「ターニング新喜劇」や吉本コメディ復活SPなどで主役をこなし、吉本新喜劇普及に貢献。

釣った魚をもらうのではなく釣り方を覚えたい

座長って思っている以上に深いんですね。続いてのテーマは……出ました、
このリーダーはあかん!です。

諸見里大介(もろみざと だいすけ)
沖縄県八重瀬町出身、NSC大阪校27期生。身長186p、体重100s。2011年までお笑いコンビ「ハム」のツッコミ担当。解散後の2012年に吉本新喜劇入団。滑舌の悪さをネタに活躍中。アメトークの「滑舌悪い芸人」などにも出演した。

落ち込んで得したことは1回もない!

リーダーって、いろいろと大変なんですね。それでは次のテーマは……
落ち込んだときは?です。

支えられている人たちを前向きなエネルギーで包みたい、そんな感じですか?

チームワークとはひとりひとりの個性を考えていくこと

では最後にサイボウズ社長の青野から質問をさせていただきたいと思います。

本日は長時間、どうもありがとうございました。