• 受験資格 kintone認定 アソシエイト資格を保有していること
    受験対象
    • kintone APIやcybozu.comの機能について理解しており、プログラミングによるkintoneカスタマイズ開発の経験がある方。
    • kintoneの基本機能とカスタマイズ開発の使い分けについて理解しており、kintoneカスタマイズの提案と開発の経験がある方。
    など
    出題範囲
    kintoneカスタマイズの準備
    kintone APIおよびcybozu.comの仕様、コーディングガイドラインを理解する
    kintone REST API/kintone JavaScript API
    kintone REST APIの認証方法を理解し、与えられた要件に従って利用できる / kintone REST APIを利用し、適切なレコードの操作、ファイルの操作、スペースの操作ができる / kintone JavaScript APIのイベントを理解し、与えられた要件に従って利用できる / kintone JavaScript APIの情報取得の関数が利用できる / APIの制限事項に考慮し、与えられたシナリオに沿って適切なカスタマイズ方法を決定できる
    kintoneプラグイン開発
    kintoneプラグインおよびkintoneプラグイン開発の特性を理解し、開発を実践できる
    User API
    User APIの特性を理解し、与えられた要件に従って利用できる
    kintoneカスタマイズの効率化と実践
    ライブラリやツールの特性を理解し、適切に利用できる / kintoneの基本機能やcybozu.com共通管理、kintoneシステム管理の機能を理解し、適切に利用できる / 与えられたシナリオに沿ってkintoneの基本機能とカスタマイズを使い分ける

    ※ 試験問題は、2017年12月1日時点のkintoneのバージョンをもとに作成されています。

  • 出題数 40問
    試験時間 60分
    合格基準 非公表
    出題形式 択一、または複数選択
    受験料 20,000円
サンプル問題に挑戦
問題を中断して閉じる

CS サンプル問題(1/5)

アプリのレコードを取得するAPIで、「会社名」フィールド(フィールドタイプ:文字列(1行))が「サイボウズ」で、「日付」フィールド(フィールドタイプ:日付)が今月のレコードを、「金額」フィールド(フィールドタイプ:数値)の値が大きい順に20件取得したい。
クエリとして適切なものを全て選びなさい。

問題を中断して閉じる

CS サンプル問題(2/5)

APIによるドメインごとの同時アクセス数の上限として、正しいものを1つ選びなさい。

問題を中断して閉じる

CS サンプル問題(3/5)

自動採番のJavaScriptカスタマイズにおいて、採番された値を入れるフィールド(フィールドコード: number)を新規登録・編集画面でユーザーが操作できないようにしたい。
JavaSriptカスタマイズとして、正しいものを1つ選びなさい。

問題を中断して閉じる

CS サンプル問題(4/5)

テーブルを含むアプリにおいて、ファイルからレコードを一括登録・更新する方法として、正しいものをすべて選びなさい。

問題を中断して閉じる

CS サンプル問題(5/5)

アプリの「日付」フィールドをREST APIで扱うときの説明として、誤っているものを1つ選びなさい。

CS サンプル問題 採点結果

0/5問正解

結果はいかがでしたか?
自信のある方は Customization Specialist(カスタマイズスペシャリスト)試験 へぜひチャレンジしてみてください。
ちょっと自信がないと感じた方は、
対策講座なども行っておりますので、ぜひ参加してみてください。
ラーニングコンテンツでは専門の解説本や、サイトなども紹介しています。

  • リセットして閉じる
  • 問題へ戻る
試験の申し込みページ(ピアソンVUE)はこちらから

kintone認定資格ではピアソンvueを利用したCBT (コンピュータ・ベースド・テスティング) での試験採用しています。
受験ステップについて詳しく知りたい方はコチラ