サイボウズの歴史

2002

1月25日 「サイボウズDBメーカー2.0」発売
1月31日 米国製グループウェア 「Share 360(シェア・スリーシックスティー)」発売

Cybozu Corporationが米国で企画・開発した英語版グループウェア。「サイボウズ Office」シリーズの特長を継承しつつ、インターフェースを一新し、海外市場のニーズにより適合した製品へとなった。

3月6日 東京証券取引所市場第二部へ市場変更

東証マザーズからの市場変更は弊社が最初となった。また、設立から約4年7ヶ月での東京証券取引所(東証マザーズと持ち株会社を除く)への上場は、史上最短である。

5月13日 「サイボウズ AG」発売

「情報エージェント」をコンセプトに進化した、エージェント指向グループウェア。機能から目的へと発想を転換し、ユーザーの目的に合わせて情報を提供、さらにインターネットとのシームレスな連携を実現した。

6月17日 日経コンピュータ誌「第7顧客満足度調査」グループウエア部門第1位
9月24日 「サイボウズ ガルーン」発売

数百人から数万人規模のユーザーに対応するグループウェア。これまで未開拓であったエンタープライズ市場において、グループウェア事業を本格的に展開していく。

10月15日 「サイボウズ デヂエ」発売

企業内で様々な形で活用されている情報をWeb上で簡単に素早く共有できるWebナレッジツール。「サイボウズ DBメーカー」をベースに、ナレッジ情報を扱うための機能を強化した。

11月4日 「share360 2.0」発売